2016年2月

2/28.日『蓮と車麩の北海道赤ワイン煮実習』

2016年, 2016年2月, ギャラリーチフリグリの予定

蓮と車麩の北海道赤ワイン煮

揚げ物や、醤油で甘辛く煮た車麩はおなじみですが、今回は北海道産の赤ワインでさっと煮てお召し上がり頂きます。

蓮根などの野菜もいつもと違う味わいに仕上がる人気の一品、どうぞご参加下さいませ。

◆日時 2/28(日) 12:30~13:30

◆場所 ギャラリーチフリグリ 〒983-0842仙台市宮城野区五輪1-11-12

JR仙石線・・・宮城野原駅 北1番出口より徒歩2分。あおば通り駅、または仙台駅から140円
バス・・・育英学園前すぐ
駐車場・・・建物に向かって右手kobo

◆参加費3,100円 材料費すべて込み。「季節の土鍋ご飯」、「お持ち帰りのお茶」付きです。

◆お申し込み先ootomoootomo*gmail.com(*は@に変換してご入力下さい)
お名前フルネーム、携帯に受信可能なメールアドレスを添えてお申込み下さいませ。
(お友達同士でご参加ご希望の場合も、お一人様ずつお願い致します)

◆万が一翌日になっても返信がない場合は、大変申し訳ございませんが再度送信下さいませ。
◆大変申し訳ございませんが、お子様とご一緒にはご参加頂けませんのでご了承下さいませ。
◆定員になり次第、締切とさせて頂きます。
◆キャンセルの無料受付は3日前の夜8時までとさせて頂きますのでご了承下さいませ。

大友さんが実演する手元を見学しつつ、知りたいことをすぐ質問できます。
出来上がったご飯と、大友さんが用意してくださったお弁当とともに皆さんとお食事を囲む一時です。

2/28.日『完全生音定期演奏会“1時間”』

2016年, 2016年2月, ギャラリーチフリグリの予定

くとうのぞみさんによる
完全生音定期演奏会 【 1時間 】

 

第3回は

はんだれいな(コンタミント) と くとうのぞみ

魅せます!聴かせます!!

 

2/28.日 15:15〜

¥500(ドリンクなし)

※持ち込み不可、必要な方は会場または隣のよしぎので。

会場:ギャラリーチフリグリ

2/26.金『人が入った地面から始まる人の落とし物忘れ物』

2015年, 2016年, 2016年2月, ギャラリーチフリグリの予定, 未分類

雑談の授業(学術的ではないですよ)

建築の視界を持つ 大林政夫

  ×

遺跡マネジメント 中谷可奈

人が入った地面に生活があった。

そこから始まる人の落し物忘れ物が現在?

お二人ならでわの視点から、雑談の中に授業です。

学校に通っていた時は、鐘が鳴る度授業が始まっていましたが、今ではとても新鮮なコト!

特にこちらから歩みよらないと、知らずに済んでしまう「遺跡」のこと。

私たちの生活に当たり前にある「建物」・「空間」と「時間に」ついての話しが、

隣りのテーブルから聞こえて来たら、ついつい耳を大きくしてしまいますよね。

知的好奇心をくすぐられる楽しい時間。気付けていないコトに出会えるかもしれません!

 レストランや、呑み屋へ行く様な気楽なお気持ちで来てください。

19:00〜20:30

入場 1,000円 飲み物付き

IMG_1996.JPG 1294342_839850119382299_2214957287831787218_o

JR仙石線のご利用をお勧めします。 最寄り『宮城野原駅』徒歩2分

お待ちしております。

大林政夫

1957年 宮城県石巻市生まれ 仙台在住

街に森に海に空に、人の生活の活動舞台をつくります

劇に例えます。皆さんはご自分のシナリオ、物語を考えてみたことはありますか?あなたは自分のことをいつも通行人Aだとか、その他大勢のエキストラとかんがえてはいませんか?実は主役を張っているのに、どうもうまく行かないと感じたとき、私にあなたの心の翻訳を手伝わせてください。あなたの言葉を具体的な形に。

2000年 英国建築家協会付属建築学校(ロンドンの建築学校AA) 卒業

帰国後、東北工業大学工学部建築学科非常勤講師

近年 相原酒店改築計画[宮城県塩竈市]  浦戸ラウンジ計画[宮城県塩竈市]  KABO ジャズバー店内改装

中谷可奈

大阪市生野区鶴橋生まれ。現在、実家は引っ越して京都にある。四天王寺や大阪城、奈良の平城宮跡や東大寺講堂跡、京都の御所など、 家族に連れて行ってもらった行楽の場所が今思えば遺跡だったため、潜在意識に 遺跡は楽しい場所(おいしいお弁当やアイスクリームがもらえる)と刷り込まれた模様。中学から大学まで京都のエスカレーター式の私学へ通う。

法学部卒業後、公民館や地域づくりのNPOなどに勤務。 その後、思い立って考古学、文化財を勉強すべく私立奈良大学へ入学。 長期休暇は埋蔵文化財センターなどでアルバイトしたりして、発掘の現場もちょっとかじる。

2010−11年度、ロンドン大学(University College London, UCL)の遺跡マネジメントコースで 修士(MA)を取得。遺跡マネジメントを学ぶ傍ら、文化人類学のオプションコースでドキュメンタリフィルム制作を習う。

2012年4月から地底の森ミュージアム(仙台市富沢遺跡保存館)で学芸員として勤務。雇用形態的には、公益財団法人仙台市市民文化事業団の嘱託職員(一年ごとに契約更新する非正規雇用)。

2012年末から、文化財関係職(非正規)にしてノイジシャン(ノイズミュージシャン)の板垣泰之と、創作ユニットD A M Uを結成。 せんだいメディアテークの事業3がつ11にちをわすれないためにセンターによせる ドキュメンタリを毎年作って納め、上映してもらう、などの活動をしている。 ギャラリーチフリグリや駄菓子屋よしぎのを撮影場所にお借りしながらの短編映画製作も、現在ゆっくり進行中。

ご予約はこちら

・雑談の授業・お名前・ご連絡先・人数を教えてください。

雑談の授業『人が入った地面から始まる人の落とし物忘れ物』は、月に一回開催してます。
これまで、ご参加されました方々は、お気付きになられたことや、ご感想などぜひぜひ、お聞かせください。
お待ちしております。

chifuriguri@me.com

ギャラリーチフリグリ

2016寒中見舞い申し上げます展 参加者と作品一覧

2016年2月, ギャラリーチフリグリの予定

「寒中見舞い申し上げます展」
お陰様で終了致しました。

参加して下さった方々、ご来場いただきました方々、影ながら応援して下さった方々、有難うございました。

今回の展示は「寒中見舞い申し上げます。」をきっかけに、交流がうまれ、豊かな出会いを願っています。
簡単な撮影ではありますが、雰囲気をお伝えできればと、作家名と作品を掲載いたしました。

ギャラリーチフリグリにファイリングしてありますので、
気になる作品、作家さんがいらっしゃいましたら、ぜひお声掛けください。

『寒中見舞い申し上げます』
ONO氏
ギャラリーチフリグリ いのうえ佳代子

 

遠藤拓斗

写真 2016-02-22 13 04 38 写真 2016-02-22 13 04 55

 

遠藤早斗

写真 2016-02-22 13 03 31 写真 2016-02-22 13 03 40

 

オカベサトシ

写真 2016-02-22 12 45 58 写真 2016-02-22 12 46 07

ono氏

写真 2016-02-22 12 48 58 写真 2016-02-22 12 49 12

いのうえ佳代子 

 

写真 2016-02-22 12 41 39 写真 2016-02-22 12 41 47

神田美菜

写真 2016-02-22 13 00 47 写真 2016-02-22 13 01 10

 

きよ

写真 2016-02-22 12 50 56 写真 2016-02-22 12 51 18

 

木村良

写真 2016-02-22 13 10 50 写真 2016-02-22 13 11 25

清武佳世

写真 2016-02-22 12 41 21 写真 2016-02-22 12 41 27

クロフサリア

写真 2016-02-22 13 02 12 写真 2016-02-22 13 02 47



斎藤敏行

写真 2016-02-22 12 39 44 写真 2016-02-22 12 40 41

 

さくらさく

写真 2016-02-22 12 37 11 写真 2016-02-22 12 37 56

 

菅原睦子

写真 2016-02-22 12 47 21 写真 2016-02-22 12 48 07

 

鈴木健太

写真 2016-02-22 13 05 43 写真 2016-02-22 13 06 09

 

鈴木昭一郎

写真 2016-02-22 13 10 00 写真 2016-02-22 13 10 31



せん

写真 2016-02-22 12 42 24 写真 2016-02-22 12 42 39

 

た

竹田聡美

写真 2016-02-22 12 57 55 写真 2016-02-22 13 00 11

 

茶こた

写真 2016-02-22 12 35 22 写真 2016-02-22 12 36 07

 

對馬啓太

写真 2016-02-22 12 39 28 写真 2016-02-22 12 39 35

 

とんまデザインワークス

写真 2016-02-22 12 41 06 写真 2016-02-22 12 41 15

 

nor.

写真 2016-02-22 12 57 19 写真 2016-02-22 12 57 40

 



麿律子

写真 2016-02-22 12 45 24 写真 2016-02-22 12 45 46

ミキ

写真 2016-02-22 12 49 39 写真 2016-02-22 12 50 00

ムハンマド・アムシャドカーン

写真 2016-02-22 13 04 20 写真 2016-02-22 13 04 31

村上彰太

写真 2016-02-22 13 03 54 写真 2016-02-22 13 04 09

ムラノビッチタクモフスキー

写真 2016-02-22 12 43 51 写真 2016-02-22 12 44 23

 

八城知子

写真 2016-02-22 12 45 05 写真 2016-02-22 12 45 14

 

ルミ☆ルミ

写真 2016-02-22 12 36 41

 

会場での制作

荒木香澄

写真 2016-02-22 13 07 07 写真 2016-02-22 13 07 45

 

竹中弘樹

写真 2016-02-22 13 08 20 写真 2016-02-22 13 08 44

 

藤井大樹

写真 2016-02-22 13 06 44 写真 2016-02-22 13 06 56

 

会場内にはメッセージノートも配置し、ご利用いただきました。
次回は2016晩夏に「残暑見舞い申し上げます展」を予定しております。
写真 2016-02-22 13 12 55 写真 2016-02-22 13 12 45 写真 2016-02-22 13 13 39

是非こちらも、楽しみにして下さいませ。

お問い合わせは
ギャラリーチフリグリ
又は、otegami10@gmail.com (小野) へ

12544721_793461284092490_1366452673_o

 

2/28.日蓮と車麩の北海道赤ワイン煮実習

2016年2月, ギャラリーチフリグリの予定

蓮と車麩の北海道赤ワイン煮

揚げ物や、醤油で甘辛く煮た車麩はおなじみですが、今回は北海道産の赤ワインでさっと煮てお召し上がり頂きます。

蓮根などの野菜もいつもと違う味わいに仕上がる人気の一品、どうぞご参加下さいませ。

大友さんが実演する手元を見学しつつ、知りたいことをすぐ質問できます。
出来上がったご飯と、大友さんが用意してくださったお弁当とともに皆さんとお食事を囲む一時です。

◆日時 2/28(日) 12:30~13:30

◆場所 ギャラリーチフリグリ

◆参加費3,100円 材料費すべて込み。「季節の土鍋ご飯」、「お持ち帰りのお茶」付きです。

◆お申し込み先ootomoootomo*gmail.com(*は@に変換してご入力下さい)
お名前フルネーム、携帯に受信可能なメールアドレスを添えてお申込み下さいませ。
(お友達同士でご参加ご希望の場合も、お一人様ずつお願い致します)

◆万が一翌日になっても返信がない場合は、大変申し訳ございませんが再度送信下さいませ。
◆大変申し訳ございませんが、お子様とご一緒にはご参加頂けませんのでご了承下さいませ。
◆定員になり次第、締切とさせて頂きます。
◆キャンセルの無料受付は3日前の夜8時までとさせて頂きますのでご了承下さいませ。

 

2/20.土寒中パーティ

2016年2月, ギャラリーチフリグリの予定

日にち ⚫︎ 2月20日(土)
open 17:30
start 18:00

参加料 ⚫︎ 500円+1品 or 1芸

参加のご連絡はotegami10@gmail.com まで!

一芸の方はご連絡いただければ助かります。

 

2/17.水〜『寒中見舞い申し上げます展』

2016年2月, ギャラリーチフリグリの予定

2/17(水)〜2/22(月)

11:00〜18:00

入場無料
葉書に込められた作品と、めくると住所面には、プロフィールや連絡先を(ご希望者)書き込こまれています。
会場では、たくさんの作品との出会いや、発見が有るような“交流の場”となりますように。

葉書なので、お手に取って作品と触れ合えます。

参加作家

遠藤拓斗 遠藤早斗 オカベサトシ ono氏 いのうえ佳代子 

 

神田美菜 きよ 木村良 清武佳世 クロフサリア

 

さ

斎藤敏行 さくらさく 菅原睦子 鈴木健太 鈴木昭一郎 せん

た

竹田聡美 茶こた 對馬啓太 とんまデザインワークス

nor.

ま

麿律子 ミキ ムハンマド・アムシャドカーン 村上彰太 ムラノビッチタクモフスキー

八城知子

ルミ☆ルミ

その他、会場にて参加の方もいらっしゃいます。

写真 2016-02-19 12 17 13

 

ぜひご来場ください。

2/6.土C’est un cadeau pour vous.[ セ・タン・カド・プ・ヴ]フランス語とワークショップ

2016年2月, ギャラリーチフリグリの予定

C’est un cadeau pour vous.

セ・タン・カド・プ・ヴ

あなたへのおくりものです

 

フランス語とおくりものワークショップ

 

だれかにおくりものをしたいひと

フランス語の音に少しだけふれてみたいひと

自分ってなんだろうとぼんやり考えているひと

そんなあなたに贈る とっておきの90分です

 

2016年2月6日(土)18時30分~20時00分

講師 間瀬幸江

プロフィール 19歳でフランス語に出会う。31歳でフランス・リヨン市に留学。 「フランス語は日本で習いました」が口癖の東京育ち。 2013年4月から宮城学院女子大学で教鞭をとる。 2014年、フランスのシャルトル市にあるアトリエ・ロワールに調査旅行にでていらい、ダル・ド・ヴェールに魅せられている。
入場料 1000円(宝石みたいなガラスキューブをひとつ お持ちかえりいただきます)

スクリーンショット 2016-04-02 02.41.30

『白い浮く』体験インスタレーション2016寒中見舞い申し上げます展 参加者と作品一覧0.日〜/17.日

2016年2月, ギャラリーチフリグリの予定

白い浮く

 

きっかけは2015.12. 宮城学院クリスマスマーケット[ 小礼拝堂インスタレーション]を担当し、 祝うことの本質から “人の日々の営み”に無数の行動があることを思いました。

何気ない行為を意識し、未知なる自身を感じる。

ささやかな歓びのひとときを感じにいらしてください。 

ギャラリーチフリグリ(いのうえ佳代子)

 

1/10[日]〜/17[日] 11:00―18:00 (1/12.火休廊)

 

初日はトークイベント「重なる感想」開催

1/10[日] 13:30〜

入 場 無 料

体感型インスタレーション『白い浮く』を体感していただき、
どう感じたのかを掘下げてゆく感想大会です。

多種多様な感じ方が重なることを楽しみましょう。
ぜひご参加ください。

スクリーンショット 2016-01-06 8.31.34

*2015.12. 宮城学院クリスマスマーケット[ 小礼拝堂インスタレーション]一部開催

2/13.土ほろ酔い高級酒場チフリグリ~ワインの魅力を引き出すテクニック編

2016年2月, ギャラリーチフリグリの予定

ほろよい酒場 店長さんから お便りが届きました!

◇◆◆◆◇

こんにちは。2月13日(土)のワイン・イベントのお誘いでご連絡しました。
年が開けて2016年最初のほろ酔い酒場チフリグリ、テーマは「ほろ酔い高級酒場チフリグリ~ワインの魅力を引き出すテクニック編」になります。

いつもより会費がかなり高め(7000円)になりますが、これまでのほろ酔い酒場では予算的にお出しできなかった価格帯のワインを飲んでもらいながら、高級ワインの魅力と、ワインを美味しく飲む具体的なテクニックのお話を中心に会を進めていければと思っています。

 

具体的には、

①抜栓直後、②前日抜栓、③当日デキャンタージュの3つの状態の同じワインを比較しながら楽しんでもらったり、

一度に口に含むワインの量を変更しながら飲んでもらったり、

インポーター(輸入業者)のワインのテイスティング・コメントを参考にしながら、数十種類の香りのサンプルを試してもらったり、

といった感じを予定しています。

 

お料理もいつもより高級な感じでご用意する予定です。

詳細は下記の通りとなります。

ぜひご参加くださいね。

 

会場 ギャラリーチフリグリ(仙台市宮城野区五輪1-11-12 tel:022-290-6302)

日時 2月13日(土)18:30から

会費 7,000円(オードブル、ワインの料金になります。)

ワイン ランドロン・ミュスカデ・ヌーヴォー15、ドゥ・ラドゥセット・バロン・ド・エル09、シャトー・ムーラン・ド・レスペランス05など。

定員 15名 *先着順になります。
ご予約
ギャラリーチフリグリ chifuriguri@me.com
又は、 http://chifuriguri.com/?page_id=585
又は、サイト下にあるコメント欄に、

お名前、人数、連絡先(メール、電話番号)をご記入ください。

 

※ワインやオードブルの手配の関係がありますので、キャンセルは前々日まででお願いいたします。

※前日及び当日のキャンセルの場合、会費の50%をキャンセル料として頂戴いたします。

よろしくお願いいたします。

それでは、ご来場を心よりお待ちいたしております!

◇◆◆◆◇

店長からのお便りでした。
ぜひご参加くださいませ!!ご予約お待ちしております。